避難場所・避難経路の確認

避難場所は、休日などを利用して家族で下見をしておきましょう。
避難経路もそのとき実際に歩いてみて確認できます。あらかじめ危険の少なそうなルートを地図でチェックしておくとよいでしょう。

家族がばらばらになったときの連絡方法

災害が起きたときに、必ずしも家族みんながいっしょにいるとは限りません。連絡の手段や家族の集合場所をしっかりと決めておきましょう。

町内緊急避難場所

3日間を生き延びるために

大規模な災害が発生すると、公の機関がすぐに支援することができません。各家庭で最低3日分の食料を確保しておきましょう。

参考リンク先

メールマガジン

下作延中央町内会からの情報をメールマガジンで配信しています。
配信ご希望の方は、こちらからメールアドレスを登録してください。