高橋 準三

下作延中央町内会 会長

高橋 準三

コロナ禍と防災

2022年4月1日

年々進む温暖化により最近の10年はほぼ毎年桜が3月のうちに満開を迎えております。日本の夏は猛暑が厳しくそれに追い打ちをかけたコロナウィルスは変異を続けながら終息せず、私たちにマスク着用を強いております。新型コロナウィルスの今後の展開は感染症専門家にも確たる予測ができないというのが現実のようです。変異を重ねた結果症状が軽くなってきたとの傾向はあるようですが、死亡者数で比較しますと、感染者が多かった時のインフルエンザと比べても、年間の死亡者は新型コロナウィルスの方が10倍も多いという結果が出ております。その点からも私たちはまだまだ警戒を緩めるわけにはいきません。
そのような中、今年も定期総会を「中止」といたしました。議案書は4月に回覧いたしますのでご確認をお願い申し上げます。
当町内会は従来より防災、減災に取り組んでおります。一つ目はご家族の安否や災害弱者の手助けを考慮した「防災名簿」の作成保管であり、二つ目は被災者救助の整理に寄与するための「無事ですタオル」の全会員への配布であります。そして三つ目は防災備品の拡充であります。町内会館にはAEDと消火ホースキットを備えており、更に今年2月には防災備品倉庫を246身代り不動信号脇マンションの地下駐車場に設置し、保存食、水、粉ミルク、乾パンを2,400個ずつ取り揃え、トイレセットも備蓄品に加えました。防災備品につきましては今後もより良いものにするため見直しを図ってまいります。
一方で皆様への町内会行事等のお知らせツールとして従来の掲示板や回覧板に加えてスマホに通知される「電子掲示板(オープンチャット)を開設しており現在220名余の方にご登録いただいております。未登録の方はぜひ登録をお勧めいたします。登録方法は地区役員にお問い合わせください。
今年は4月23日から平瀬川に鯉が舞います。風の中を元気に泳ぐ鯉たちのように明るくいきいきとした地域を目指して活動してまいりますので会員皆様におかれましてもご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げご挨拶といたします

以上

メールマガジン

下作延中央町内会からの情報をメールマガジンで配信しています。
配信ご希望の方は、こちらからメールアドレスを登録してください。